異業種転職を成功するために必要な3つのポイントとは!?

 

「今の業種から異業種へ転職したい」

 

日々の仕事を繰り返す上で、このように考える方も多いですが、異業種への転職は難しく、簡単に成功させられるものではありません。

 

しかし、異業種への転職を成功させることは可能です。

 

ここでは異業種への転職を成功させるために必要な3つのポイントについてお話しをしていきたいと思います。
異業種への転職を考えている方は、ぜひご覧ください。

 

 

異業種転職の成功に必要な3つのポイント

 

異業種転職は今までと違う業種への転職となるため、普通に転職をするよりハードルが高くなります。
通常よりもハードルが高い異業種転職を成功させるためには、3つのポイントを抑えなければいけません。

 

 

1.年齢

異業種への転職の場合、最も重要なのは年齢(若さ)です。
できるのであれば、20代のうちに実現する必要があります。

 

なぜなら30代になるとほぼ全ての業界・企業において、核となるプレイヤーとなるか、マネジメント層へのステップアップを社員に対して求めます。

 

もちろん異業種の方を採用することにより、社内に違う風を入れたいという考えを持つこともありますが、あえて30代の方を採用するメリットは多くありません。

 

異業種への転職に関しては、20代まで、最悪でも32歳くらいまでのところで大半の企業が境界線を引きます。

 

1つの会社で長く就労することは非常に重要なことです。
しかし、転職をしようと考えている方に関しては、あまり長く働き過ぎることは逆にリスクとなってしまいます。

 

異業種への転職を希望されるなら20代のうちに実現をさせましょう。

 

2.長期就労が見込める

基本的に中途採用で採用を考える企業は、長く働いてほしいと考えています。
そのため、以下のポイントが満たせているかどうかを気にします。

 

  1. 退職・志望理由に一貫性がある
  2. 人のせいにしない
  3. やる気が感じられる

 

人材業界を例として考えてみます。
人材業界は1日当たりの就労時間が長い業界として、一般的に認知されています。
このような業界への転職理由として「残業時間を減らしたいから」という方がいる場合、間違いなく向いていない人材だと考えられます。

 

「また同じ理由で退職する」と見られてしまうことは間違いありません。。

 

他にも「上司とウマが合わない」ということを理由に転職を考えている人がいたら、相性の悪い上司がついた際に同じ理由でやめそうだな、と感じます。

 

 

逆に、転職理由が、金銭面、労働時間、休日の観点だったとしても、それが実現できる環境や職場であるとしたら、すぐに退職する要因としては見られません。
実現したい仕事像が一致するのであれば、むしろ「活躍できる」と感じられるでしょう。

 

つまりポジティブかつ納得のできる退職・志望理由であることが重要です。
その理由を熱意を持って伝えられれば、「我が社で長く働いていける人材だ」と感じてもらうことができるでしょう。

 

3.早期に戦力となれること

20代前半の場合は、いわゆる「第2新卒」枠での採用となります。
第2新卒枠までであれば、長期就労が見込められれば採用される可能性も高いです。

 

しかし20代後半となると、異業種といえど前職と近い経験を求められるケースが増えてきます。

 

例えば、メーカーの営業で業界未経験の方の採用を行うケースが合ったとしてもます。
この場合は提案力が求められるため、食品卸の経験者は書類選考で見送りになることもあります。
無形商材の営業経験者だと、提案力があっても代理店営業の動き方を理解できていない方を書類選考で見送りになったりするケースもあったりします。

 

20代であっても、30代に近づくにつれ、どれだけ早く戦力となるかというのもポイントになってきます。

 

目指す業界に合わせて、前職での自信の経験がどれだけ役に立てられるのか、職務経歴書に書き表すことが重要となってきます。

 

 

まとめ

異業種への転職は、特に年齢が一番重要です。
転職をするのなら20代の早いうちに実現してください。

 

年齢を重ねることで経験を積むことはできますが、若返ることは不可能です。
異業種に転職をしたいと考えるのであれば、思い立ってから早めに行動することが重要です。

 

そのうえで「長期就労できること」、「早期に戦力になれること」を前職から引き出して、転職活動を行いましょう。