転職活動に必要な期間はどれくらい?平均3か月かかる

転職活動に必要な期間はどれくらい?平均3ヶ月かかる

 

転職活動と一言で言っても、やらなければいけないことはたくさんあります。

 

ここでは転職エージェントを利用した転職活動について確認していきたいと思います。

 

実際にどんなことをしなければならないか、どれくらいの期間が必要になるかを見ていきましょう。

 

 

 

転職活動に必要な作業と時間

 

転職活動に必要な作業、および時間は以下の通りです。

 

転職エージェントとの面談=1週間

 

まずは転職エージェントと面談をする際、また今後の転職活動で使う履歴書・職務経歴書を作成します。

 

頑張っても3〜4時間はかかると思いますので、1週間程度の期間を見ておけば良いです。

 

ちなみに、履歴書・職務経歴書を作成せず転職エージェントに行かれる方がいますが、決して印象は良くありません。

 

あなたの印象を悪くしないためにも履歴書・職務経歴書は事前作成しましょう。

 

1次面接、およびその準備=2〜3週間

 

在職中の方だと2週間で3〜5件の面接が限界だと思います。

 

最終面接=1〜2週間くらい

 

役員クラスの面接の調整は意外に大変です。

 

1〜2週間くらいを見ておくとよいでしょう。

 

退職交渉から退職まで=1〜1.5ヶ月

 

だいたい退職交渉終了には、1週間程度かかります。

 

引き継ぎや有給消化などを想定すると、退職までの期間は1〜1.5ヶ月程度かかります。

 

合計すると3ヶ月くらい必要

 

基本的に転職活動は準備、調整に時間がかかります。

 

平均で3ヶ月程度はかかると考えてください。

 

 

 

転職活動を早期決着させる3つの方法

 

転職活動は平均で3ヶ月くらいが必要になりますが、早く転職活動を終わらせる方法がないわけではありません。

 

その3つの方法を紹介したいと思います。

 

同業他社への転職

 

同業他社への転職については、即戦力であること、また場合によっては企業側が面接でお会いする人物を知っていることもあります。

 

引き抜きとみなして嫌がる会社もありますが、基本は早期に採用したいと考えるため、面接スケジュールをかなり短縮しながら面接調整を実施することも多いです。

 

一発面接

 

基本的に転職面接は2回が一般的です。

 

しかし、早期決着、決裁権などの理由で採用面接を1回にまとめてしまうケースがあります。

 

このようなケースでは、2週間ほど早く就職活動を終わらせることができます。

 

離職後の転職活動

 

現職との兼ね合いがなく、退職交渉などの期間がないので1ヶ月あれば終わるケースが多いです。

 

ただし、面接官からの印象が悪い場合も多く、書類選考を通過しないケースも数多くあるのでご注意ください。

 

 

 

まとめ

 

転職活動には一般的に次の会社に入社するまで3か月は必要となります。

 

ただし、同業他社、一発面接、離職中の転職活動については短期決着が見込める場合もあります。

 

転職の際はスケジュール感をイメージしながら実施していくのが良いです。