【入社3年目】第二新卒で転職すべき人と転職すべきでない人の違い

【入社3年目】第二新卒で転職すべき人と転職すべきでない人の違い

 

入社3年目というと、転職したいという人が増えてくる時期です。

 

昔は入社したら、必ず3年は会社に勤めろということを言われたものです。

 

しかし、実際にはそうでもありません。

 

今では入社3年未満の人は「第二新卒」という新卒に近い扱いで採用をする企業も多いです。

 

逆に3年働き続けてしまったから転職する機会を逃してしまったという人も少なくありません。

 

 

第二新卒は社会経験が少ない3年未満の人にとって大きな希望となります。

 

ただし全ての人に第二新卒がおすすめというわけではありません。

 

私自身が転職をした経験を踏まえて、3年目未満で転職すべき人と転職すべきでない人の違いについて解説をしていきたいと思います。

 

 

 

企業が転職者に求めること

 

まず、企業が転職者に求めていることはとてもシンプルです。

 

「会社の役に立つか(即戦力となるか)」

 

これ以外にありません。

 

このことを理解しないで転職活動を始めると、痛い目にあいます。

 

企業が求めている人材に当てはまることが、あなたが採用されるための基準です。

 

 

しかし、例外もあります。

 

それが第二新卒です。

 

入社3年未満の第二新卒というのは非常にあいまいな立場です。

 

新卒ではないが社会経験が少ないために、まだ鍛えていく余地があるという人であるとみなされます。

 

 

中途採用であるけれど、会社があなたをこれから育てていくという意識を持っているということです。

 

 

 

第二新卒で転職すべき人と転職すべきでない人

 

それでは本題です。

 

第二新卒で転職すべき人と転職すべきでない人がそれぞれどんな人かお話します。

 

第二新卒で転職すべき人

 

第二新卒で転職すべき人は下記のような人です。

  • 未経験分野にチャレンジしたい人
  • 転職の目標が明確になっている人

 

1つずつ解説します。

 

未経験分野にチャレンジしたい人

未経験分野にチャレンジするなら、今すぐにでも転職をした方がいいです。

 

企業で働く年数が長いほど、同じ職種での転職しかできなくなってきます。

 

できるだけ早く行動しましょう。

 

転職の目標が明確になっている人

なぜ転職をするのか、目標が明確になっている人もすぐに転職をした方がいいです。

 

転職活動というのは、正確にはいつすればいいという時期はありません。

 

思い立った時が転職をする時期なのです。

 

もし、転職をしなくては達成できないことがあるのならば、先延ばしにしないで転職をしてしまいましょう。

 

 

第二新卒で転職すべきでない人

 

逆に第二新卒で転職すべきでない人は下記のような人です。

 

  • 上司や仕事内容による不満が原因で転職したい人
  • キャリアアップで転職をしたい人

 

1つずつ解説します。

 

上司や仕事内容による不満が原因で転職したい人

不満があるから転職をしたいのはもっともですが、転職先でもこの不満が発生しないとは限りません。

 

転職先の企業は面接の時に、必ずあなたにこう質問するでしょう。

 

「あなた自身は環境を変えるためにどんな努力をしたのか」

 

不平・不満を原因とした転職はほぼ成功しません。

 

成功したとしても、また同じような不平・不満を覚える人が多いです。

 

そういった方は、転職グセがついてしまう場合もあります。

 

 

厳しいようですが、まずは何とか自分自身を変えることに目線を置いて、転職が本当に必要なのかを考えましょう。

 

「これをしたいから転職する」
というような前向きな転職にできるといいですね。

 

 

キャリアアップで転職をしたい人

キャリアアップで転職をする場合は、自分の価値を高めていくことが必須です。

 

より良い職場・より良い条件で働いていくには、あなた自身がどれくらいのことができるのかを企業に示さなければいけません。

 

勤続年数や職場での実績は上げていくことは、価値を高める一つの手段なので、満足するキャリアを積んだと思えたら転職をするといいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

昔も今も入社3年というのは一つの目安になっています。

 

やはり、3年持たない人はこらえ性がないと見なされることもあります。

 

いっぽうで、企業側も第二新卒という3年未満の社会人を肯定的に採用しています。

 

新しくチャレンジしなおしたいという考え方も、今では当たり前なのです。

 

あなた自身が転職を考えているのであれば、どうして転職をしたいのかをしっかりと考えてみましょう。

 

そして、一度転職活動をしてみるのも良いです。

 

転職活動をして、転職をするのが嫌だったら転職をやめればいいだけです。

 

 

私自身も2度転職活動を経験しています。

 

一度目は職場がイヤで転職活動を始め、上手くいきませんでした。

 

そこでキャリアアップのための転職をしたいということに気づき、キャリアを積んだ後に転職活動をして、無事に転職をすることができました。

 

 

実際に行動をすることで、自分自身がどうすべきか見えてくることも多いです。