昇給なし賞与ありと昇給あり賞与なしってどっちがお得なの?

昇給なし賞与ありと昇給あり賞与なしってどっちがお得なの?

 

 

最近は低所得化がどんどん進んでいて、雇用条件も悪い会社が増えてきています。

 

そんな悪い雇用条件で見かけるようになったのが、

 

  • 昇給なし賞与あり
  • 昇給あり賞与なし

 

というような条件です。

 

賞与(ボーナス)くらいは欲しいですよね。

 

でも昇給が無いのも辛い。。。

 

実際どっちの方がお得なのでしょうか?

 

 

 

昇給ありなら昇給は基本的に必須

 

 

会社からもらう給料については、労働基準法によって決められています。

 

その内、昇給に関しては労働条件として明確にしなければならず、
昇給は必ずあり・なしのどちらかが就業規則に記載されます。

 

 

基本的に就業規則で昇給ありとなっている場合には、昇給があると考えていいです。

 

 

例外的に、「著しく会社の業績が悪い場合にはこの限りではない」などと注意事項が就業規則に記載されている場合には、会社の業績が悪い場合に昇給が行われないケースもあります。

 

 

ただし、昇給が行われないという状況は会社が相当まずい状況です。
就業規則に昇給ありとなっているの昇給しないというケースは考えなくてもいいです。

 

 

昇給なしでモチベーションが下がる人が急増!?

 

 

賞与ありでも賞与が出るかは分からない

 

一方、賞与に関しては労働基準法に規定がありません。

 

 

賞与はそれぞの会社で規定を決めるものとなっているため、実際にどれくらいの金額を貰えるかは会社の判断に任せられます。

 

 

就業規則で細かく賞与の支給条件が決められていれば、その通りに支払われることが多いです。

 

賞与の支給条件が細かく決まっていない場合、会社が「これくらいあげればいい」と決めた金額になっても特に問題はないです。

 

 

 

 

ただし、気を付けたいのは賞与は会社の業績に合わせて支払われるのが普通です。

 

昇給とは違い、賞与としてもらえる金額は会社の業績によって上下してしまいます。
(最悪の場合は支給されない)

 

 

昇給なし・賞与なし・退職金なしの正社員が増えている!?

 

 

 

長く務めるなら昇給ありの方がお得!

 

 

 

その会社に長く務める気があるのであれば、昇給ありの方がお得なのは間違いありません。

 

安定した給与が保証される「昇給」と会社の業績で不安定になる「賞与」では、昇給を選ぶ方がいいでしょう。

 

しかし、数年で辞めるなどの場合に関しては賞与ありの方がお得になります。

 

長く働いていくのであれば、昇給ありの会社を選びましょう!

 

 

長く務める会社であれば、昇給ありの会社を選ぼう。
ただし、短い期間しか勤めない会社であれば、賞与ありの会社がおすすめ。

 

 

ただ、昇給ありで賞与もありの会社の方が望ましいです。

 

より良い条件の会社を選ぶのであれば、転職がおすすめです。

 

 

転職するなら、まずは転職サイトでどんな求人があるのか見てみると良いでしょう。

 

転職サイトであれば、無料で気軽に求人情報を確認できます。

 

 

定番の転職サイトはリクナビNEXTで、質の高い求人情報が揃っている転職サイトとして有名です。