在職中の転職活動は必須!?在職中と退職後のメリット・デメリット

在職中の転職活動は必須!?在職中と退職後のメリット・デメリット

 

「転職をしたい」

 

そう思った時に転職活動をしたいけど、働いている途中で転職活動をするのは難しい。

 

でも、会社を辞めたら収入面で困ってしまう。。。

 

在職中に転職活動をするのか、会社を辞めてから転職活動をするのか。

 

これはとても悩ましいです。

 

ここでは、在職中、離職後の転職活動についてお話ししていきたいと思います。

 

 

最初に〜在職中に転職活動をすべき

 

まず、最初にお伝えしておきたいのは

 

「できる限り在職中に転職活動をすべき」

 

ということです。

 

転職活動をする時に、在職中でないというのを面接官に説明した時、たいていの場合は印象が良くありません。

 

後先考えず収入源がない生活を展開しようとしている求職者に対し、「本当にこの人を採用して大丈夫?」と感じることが多いのです。

 

アメリカなどの転職大国などでは話が変わってきますが、終身雇用の考え方が根強く残っている日本では、この考え方が強いです。

 

一部上場の大手や国際的にシェアを持っている外資系企業では、こういったことがよく言われます。

 

在職中の転職活動が一番良いです。

 

 

とはいっても、在職中の転職活動が必ずプラスに働くという訳でもありません。

 

在職中と離職後の転職活動のメリット・デメリットを比較して、最終的に決めるといいでしょう。

 

 

在職中の転職活動について

 

転職活動は在職中に行うのが基本です。

 

そのメリット・デメリットを詳しく紹介します。

 

在職中の転職活動のメリット

 

面接官の印象が悪くならない

 

先ほど説明した通り、在職中の方が印象が悪くなりません。

 

離職していた場合、その説明ができないとかなり印象が悪くなってしまいます。

 

金銭的に余裕ができる

 

会社を辞めてしまうと、金銭的に不安が出てきてしまいます。

 

転職先が決まるまで3ヶ月くらい平均でかかると言われているので、貯蓄が十分にないと離職後の転職活動は難しいです。

 

やはり転職活動中は余裕を持って次の会社を選びたいものです。

 

在職中の転職活動のデメリット

 

時間調整が大変

 

在職中だと平日昼間は仕事ですが、面接を実施するのも平日昼間です。

 

その中で面接の時間を費やすということはかなり大変です。

 

しかも、面接に行くためには履歴書・職務経歴書の準備、面接の事前準備等もあります。

 

やってみると分かりますが、想像以上にハードです。

 

そのうえ、周囲の目を盗みながらの活動となるため、精神的に辛いです。

 

挙句の果てに日程が調整できず、気が付いたら募集終了していたなんてこともあったりします。

 

 

在職中の転職活動のポイント

 

在職中の転職活動の最大のリスクは、時間調整が難しいことにあります。

 

逆に言えば、転職活動をきっかけにスケジュール、タイムマネジメント能力を鍛えることができます。

 

やはり在職中に転職活動を行い、次の会社に行くことがお勧めです。

 

 

 

離職後の転職活動について

 

基本的には在職中の方が有利なのは間違いないです。

 

しかし、離職後の方が有利になる場合もあります。

 

離職後の転職活動のメリット

 

急募案件に強い

 

急な退職者により、やむを得ず早期で採用が必要になった企業にとってはスキルを持っている人は欲しい人材です。

 

しかも、すぐ入社できるので企業にとってはとても嬉しいです。

 

トントン拍子で次の転職先が決まることもあります。

 

早く転職先がきまりやすい

 

働いていないので、スケジュール調整がしやすいです。

 

応募先の企業に提示された日程で面接をすることができるので、すぐに次の転職先が決まることもよくあります。

 

離職後の転職活動のデメリット

 

面接官の印象が悪いケースが多い

 

印象が悪くなるケースが多いです。

 

「どうして在職中に転職活動をしなかったのですか?」
と聞かれたときに、しっかりとした答えを返せないといけません。

 

 

離職後の転職活動のポイント

 

働いていないということは、すぐに次の応募先を探すことができることです。

 

募集している企業側でも、即戦力がすぐに入社してくれるのは嬉しいことです。

 

離職者の方はそのようなチャンスを逃さず、早く転職活動に決着をつけることが重要です。

 

 

 

まとめ

 

在職中に転職活動を行う方が安定しているのでオススメです。

 

しかし、会社を辞めてから就職先を探すという方法も悪いわけではありません。

 

あなたがどちらを選ぶべきかは、メリットとデメリットを比較して検討した方がよいでしょう。